青少年の心に届く効果的な7つのアプローチ

こんにちは。

今日はちょっと固いお話ですが、同じように感じて下さっている方がたくさんおられるといいな、と思っていますし、実際その通りだと信じています。

常日頃思うのですが、全ての大人には全ての子供に対して責任があると考えています。わざわざ「全ての大人」としたのは、自分の子供を持っていない大人にもその責任があると考えるからです。また、子を持つ親も自分の子供だけでなく他の子供にも責任があるのです。

また「全ての子供たち」としたのは、親のない子供や親元で生活出来ていない子供たちなども含め、とにかく自分の生活に直接関係しないような若者たちをも含めたかったからです。

例えば青少年が何か誤った事をしたら注意してあげる事は必要で、それを知った親は感謝すべきです。勿論その大人が適切な注意の仕方をする事が大前提なのは言うまでもありませんが。そういった観点から、人の子を注意出来なくなっている今の風潮をとても危惧しています。

今はモンスターペアレントだけでなく、たくさんの様々な「モンスター」が出てきています。それらのモンスターの言動は、子供たちにそれを良い事だと印象付けてしまうのです。これは非常に良くないと思いませんか?

直接的に子供たちに接しなくても私たちの立ち居振る舞いは意外としっかり見られています。彼らの目は敏感にそれをキャッチします。残念ながら人間はネガティブなものを発見する目は良いものを発見するよりも早いようです。青少年、特に年齢が低ければ低いほど良いも悪いも染まり易いという主張に異論はないと思います。

また彼らは歳が若いほど繊細で敏感な感性を持っています。それは大人の比ではありません。私たちは歳を経るごとにドンカンになっていくのは仕方ない事ですし、またそうなっていく事はある意味恵みです。あまりに繊細過ぎて生きていけないのではないかという人も、段々とニブくなる事で生きるのが少しずつ楽になったりしますから、鈍くなるのが全て悪とは思いません。

という事で。話を元に戻しましょう。

青少年に誤りを教える時は極力気をつけたいものです。言葉の選び方、ニュアンス、表情、声色・・全てに気を付けて、小さな子であるなら特に怯えさせないように、また出来るだけよく解るように諭してあげる必要があるのです。責めるのではなく、イカるのではなく、諭すのです。

温かいまなざしを向け続けることの重要性

特に表情、まなざしはとても大事だと思います。子供は、その大人が自分に対してどういう感情で物を言っているかをそこから敏感に感じ取ります。目は正直ですから、私たちも心に寛容と愛情(せめて友好的な心)のまなざしをもって向き合いたいと思います。でないとせっかくの良い機会を台無しにしてしまうでしょう。最近は注意を受けるのを「攻撃」「存在の否定」と捉えてしまう若者が増えていると聞きます。叱られ慣れていないのもあるのでしょう。ならば尚更言葉の選び方一つ、或いはまなざし一つでその結果は大きく変わってきます。良い結果に繋がるならそれをしない手はありません。乱暴な言葉遣いは互いの心をも乱暴にしますからそうならないよう注意したいものですね。

言葉は鏡のような面があって不思議ですね。乱暴な言葉には乱暴な言葉が返ってきます。優しい言葉には優しい言葉が返ってきます。まぁ、そんなキレイごとではいかない場合も多々あるのは承知していますが、それでも私が言いたい事は多くの方が共感して下さるのではないかと思います。

現代社会において、大人は大人で色々抱えていてなかなか心に余裕を持てない時代ではあります。余裕がなければ言葉もきつくなるし、同じ事を繰り返されるとブチ切れたくなったりするでしょう。もしブチ切れてしまったら、その後をフォローすれば良いのです。「さっきはきつい言い方になってごめんね」「感情的になってごめんね」など、きちんと謝罪することです。これをなぁなぁにしてはいけません。大人であっても、たとえ親であっても謝罪は必要です。この姿勢を見せる事で、子供は誠実さの手本を目の前に見るのです。その姿勢は、自分は大切にされていると感じられる事に繋がるでしょう。また出来るだけ日々の生活の中で穏やかな温かなまなざしを向け続けるのを心がけること、この二つでちょっとした大人の失敗は許されます。子供の方が許す心は上手(うわて)なのではないでしょうか。見習いたいですね。勿論、いつもウソばっかり!とか言われてしまうような生活をしていると子供は信用しなくなるので言葉で許して貰えても心では許していないでしょうね。当たり前ですが。

もう1つ大切なキーワードは「忍耐」だと思います。ものによりますが、一度で直らない場合も多々あります。それは私たち自身を顧みてもよく解りますよね。まして子供は生まれてから大して人生経験も積んでいないのですし、自分と同じ土俵に上げる訳にはいきません。十分考慮し、ハンデをあげたいと思います。最近の子はだいぶ生意気だという話もあちこちで聞きますが、そんなナマイキな子に対面した時は悟られないよう深呼吸し、「忍」の字をゴクンと飲み込んで接したいですね。かつて私たちもナマイキだったのですから。

忍耐力のトレーニング

この世界は本当に便利になりました。コンビニができ、携帯が生まれ、Amazonは即日配達を可能にしました。まぁ、これは社会問題になってしまっていますが・・。こんな世の中で私たちは忍耐をするトレーニングの場をどんどん失っていっています。昔はお腹が空いたら家に帰るまで忍耐しなければなりませんでした。また人に連絡するのも家からか、公衆電話しか使えませんでした。荷物が届くまでには随分日数が必要でした。これらは皆忍耐して待つ事の小さなトレーニングとして機能していたのだと思います。

人間は大人だろうと子供だろうと本来忍耐が難しいのだと思います。だからこそ、普段の生活の小さな事柄の中にその訓練が潜んでいる事は、実は恵みだったのだと思います。そうして普段から少しずつ忍耐する事でいざという時に踏ん張りがきく人間になれたのではないでしょうか。筋トレだって小さな一歩から始めますよね?細~い身体をした人がいきなりバーベル100kgとか上げようとしたら身体が壊れますよね。少しずつ少しずつ負荷を上げながらするのが身体を傷めないコツだという事を私たちは知っています。誤解を恐れず言うなら、筋肉が太く大きくなるのは別に重要な事ではないのに丁寧に積み上げていくのに、忍耐力に関しては、なぜ私たちはその訓練の場を取り去るような世界を作っていこうとしてしまうのでしょうか。

なかなか出来ないからこそ、小さなところから始めれば苦しみもそれだけ少なく済むのに。今の世の中キレる人が増えているのは、食物も関係あるでしょうけれど、やはりこの待つトレーニングが生活の中からどんどんなくなっている弊害なのではないかと思います。

私たち大人は知ったようなフリをして世界を回していますが、結局現れてくるのは、待てない世界、ブラック企業の台頭、搾取、詐欺、環境破壊、略奪、紛争・・・こんな世界です。私たちはもっとへりくだる必要があるのではないでしょうか。もしかしたら幼い子たちの方が遥かに優れた人間性を持っているかも知れないとすら思うのです。

 

小事に忠実な者は大事にも忠実である

という言葉があります。これは、取るに足らないような事であっても大切にできる者は大きな事も大切にできる、という意味です。

彼らへの細心の心配りは一見そこまで大層な事に思えないかもしれませんが、それをしっかり丁寧にしていかなければ幸せな大人には育たないと思います。小さき者、青少年たちの心を大切に扱うなら、彼らは自己肯定感をきちんと持った安定感のある大人に成長するでしょう。そのような人が増えれば、この国も希望が芽生えるのではないかと思うのです。

今一度、心を落ち着けて些細に思えるものにも丁寧に接し、忍耐し許す心、また寛容さを身につけていけるよう日々の様々なものをトレーニングの場と捉えてみる・・一歩一歩、ゆっくりでも、私たちみんなでやっていきませんか?

青少年への接し方のまとめ

①過ちを正す時は、寛容と愛情(友好的な心)をもって、責めるのではなく、イカるのでもなく、諭す

②言葉、表情、声色に気をつけ、なるべく穏やかな口調で温かなまなざしを持って話す

③「忍耐」を内に持つ。大人であっても何度も同じ過ちをするのだと心に留め、青少年にはハンデをあげる気持ちで

④ナマイキな子には「忍」の字を飲んで自分がまず落ち着く。自分がナマイキだった頃を思い出す。

⑤自分が彼らに対して何か失敗したらなぁなぁにせず、きちんと言葉で謝罪する(後になったとしてもその時を設ける)

⑥温かなまなざしを向け続ける

⑦ウソや誤魔化しのない生き方をする(彼らは見ています!)

私たちが人にも自分にも誠実に生きる姿勢を見せていくなら、彼らはそこから学び取っていくと信じます。そんな背中を一緒に見せていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール(purofi-ru)

X-MENと申します。ニックネームにしてしまう程X-MEN(特にローガン~ウルヴァリン~)が大好きです。犬猫も大好きで、夢は仔犬と仔猫を一緒に育てる事ですが、夢のまた夢? X-MEN to moushi masu. Nikku ne-mu ni shite shimau hodo  X-MEN ga daisuki desu. Inu neko mo daisuki de, yume ha koinu to koneko wo issho ni sodateru koto desu ga, yume no mata yume?